2008年10月31日

感謝と心痛と

迷走しております。

メールの文章とかを加工してお送りしますので、一人称とか文体とか変わってるのでご了承下さい。

見たい方だけどうぞ。



 毎日、きついこと言われる。自分が悪いんだけどね、全部。向こうは俺が全て把握してると思ってるから俺が知らないともう見放し。「じゃあ、私がやります」そんで俺の仕事がなくなっていくパターン。今日も向こうは信じて任せてた洗い場での洗い方を俺がずっと間違ってたのに気が付いて「効率が悪い、それだと水が汚れるし洗剤も消費する。馬鹿にしてんの?うちの店」って言われた。真顔で「馬鹿にしてんのか?」そんで俺、チーン。俺は正しいと思ってやってたから馬鹿にしているわけもなく「え(゜Д゜;)?」「すいません・・・改めます」毎日、何か言われる。「洗い物もロクに出来ない人間に何教えたって無駄だと思うねん。料理は流れだから効率よく洗えないとダメ。洗い物も満足に出来ないのに料理なんて」みたいなこと言われて、いつもは夕方にお菓子の作るのを手伝わせてもらうけれども今日はアウト。自由に洗っちゃだめみたい。ここでは洗い方の掟がある、と学んだ。

でも何故か、いつもやらせてもらっているお菓子の素になる計量はやらせてくれた。あと最近、葡萄牙料理をランチに出してくれてる。だから毎日持って帰って勉強できる。というか持って帰る用にタッパに入れて渡してくれる。朝の仕込みで俺が担当するのも増えてきてるし。卵焼きを毎日焼くのだけど昨日かなり失敗して・・・。卵焼き用のフライパンで焼いたことなど今までなくて。その日、頼んで卵焼き用のフライパン借りて家で練習した。昨日の夜12個分の卵焼きを焼いた。ルームメイトに分けたら評判が良かった。でも今日、急がなくてはと思い焦って醤油入れすぎてとりかえしつかなくなった・・・チーん(´・ω・) 焼いたけどね。形はたぶん大丈夫。でも何かフライパンの調子悪かった。また突然「もうやらなくていい」が来るんだろうな。海老の下処理もこの前突然「今日が最後のチャンス、最後にもう一回だけ教えてあげるからそれでダメだったらもうやらなくていい」が来たし。その時はよく切れる柳刃包丁使ったら以前よりやりやすかった。今まで使ってなくて、というかそんなのあったのか?っていう状況。でも訊かない俺が悪いで片付けられる。でも何でもかんでも訊くと「はぁ、そんなこと訊くの?」的な状況に陥る。教えてもらえるけども。しかしながら、今日の海老の下処理は失敗だった。何も言われなかったけど。昨日とは海老の状態が全然違ってた。

俺はとても感謝してるし、嬉しいんだけど。きつい。それがあの人のやさしさ。だけど最近はホントに怖い。13時間働いてるけど(休憩とか今日15分くらいしかしてない)肉体的にきついとかじゃなくて精神的にきつい。ボロボロになる。食欲わかん。心臓おかしくなる。だから深呼吸することにした。落ち着いてやる。でも仕事がおそいって言われる。早く動けないのは昔から知ってる。「これ、仕事なんで」真顔でマジのテンションでしかも関西弁とか恐怖、あはははは。

負ける気はさらさらないが。洗剤無駄になるとか言っといて今日電気消すの忘れてたし。いいけど。わざとなのか素なのか俺がダメだ的なことを裏でおっしゃるのだが聞こえる。日本語の時はよく聞こえるし葡萄牙語の時も今なら若干わかる。だから余計きつい。1〜2週間くらい前だったか「あの子、いつ辞めるかわからんで」とか言ってた。それからのダメ出しの時も「やっぱり違うと思ってココを去ろうが私は止めません」とか言ってたし。だから、向いてないと思うし、辞めようかとも考えるけど・・・周りの従業員さんが気を使って励ましてくれる。俺はその人たちにもとても感謝している。「頑張れ」その言葉は重い。俺はあんまり好きじゃない。でも言ってくれることには報いたい。


辞めたら俺の負けなのだから。

今日は落ち込むというよりか何だか悔しいというか何だかイライラした。店で落ち込み、帰り道で憤り、家で疲れる。忙しい感情だ。

悔しいうちはまだ戦える。

部屋の洗濯機、おっそい。90分たってもまだ終わらない。









追伸

今日、帰りに5ユーロ札拾った。
posted by 空見者 at 07:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。