2006年08月24日

映画「時をかける少女」(つД`)

tokikake.jpg

ついに本日テアトル新宿にて映画「時をかける少女」を見て来ました〜。


何が助かったかというと、映画館の場所を知っている友だちと行くことになったのです。

食べきれないお土産のおすそわけ(向こうがねだった?)で今日の午前に私の家に友だちがきたのです。

で、「今日何するの?」とか聞かれて、「映画見に行くんだ」的な会話になり「今日飲みに行かない?」と誘われて。どうせなら一緒に映画を見に行こうかと話がまとまったのです。新宿はお店が多いしね。

16:55〜の上映に合わせて出発することにしました。

ネット上でのレヴューを見るとかなりの好評価!!某○○戦記は悪評価・・・。

立ち見が出るほどの満席だったとか連日お客が絶えない等の情報もありました。公開から一ヶ月以上経っているのに人気です。

どうせなら座ってみたかったので30分くらい前に着くように早めに行きました。もらった整理券No.は30番、定員は200以上・・・余裕でした。。;

劇場内には主題歌を担当した奥華子さんのビラが置いてありました。奥さん直筆の短冊も飾ってありました。「もし時間を戻せるならいつに戻って何をしたいか」が書いてありました。奥さんらしい?ことが書かれてありました。是非、お近くの方は足を運んでみては。。

時間が近づくとゾロゾロとお客さんが入ってきます。

自由に座りたい席に座れました。思ってたよりも混んでなかったです。余裕でした。平日だからかな・・・隣りは友だちで、もう片方はいないのでゆーっくりと見れましたヾ(▽`)

映画の内容を語るのは控えます。

でも、この映画すっごく良かったです。

いや〜、ほろりときました(つД`)

映画で泣いたのはこれが初めてです。

奥華子さん本人が言っていたように挿入歌が良すぎるくらい、いいタイミングで流れ出します。もうホント「えぇ〜(゚Д゚)」ってなります。私はそのシーンで泣きました。歌と映画が合ってるのなんのってね。

いろんな経験をしたからか何となく涙もろくなってきた気がします。

でも、この映画・・・泣けます!!

ブレイ○ストーリーや○○戦記に比べ宣伝費がない上、公開する劇場も少ないですが「いい映画」です。

劇場までは友だちに連れて行ってもらわなければ着けなかったような気がします。本当に感謝しております。その後の飲み(食い?)では私が多めに払いました。チョットだけですが・・・。

この映画、もう一回見に行ってもいいくらいです。DVDたぶん買うような気がします。

挿入歌 奥華子「変わらないもの」



このブログでも何度か紹介しました、SHAKE THE MUSIC LIVEの映像がUPされていました。この時のLIVEかなり緊張されていたように思います。。。全曲通してそんな気がします。
posted by 空見者 at 23:18| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 感動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなにいいんですか!?
大学のある街の映画館で上映していたら見てみたいと思います!
見たら簡単な感想書きますので。
Posted by 浮遊性有孔虫 at 2006年08月25日 23:53
>浮遊性有孔虫さん
ええ、ほろりとやられましたよ。友だちも泣いたみたいです。評判通りの出来でしたよ!本当に映画と曲が合ってます。これ以外の曲は合わないんじゃないかと。
そちらでも上映されるみたいですよ。ただ早くて10月後半のようです。

詳しくは↓をどうぞ
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/
Posted by 空見者 at 2006年08月26日 00:10
時をかける少女が王様のブランチ・ミニシアターランキングで第二位になってましたね!
エンディング後に観客から拍手が起こるなんてこともあったみたいです。
自分も見に行きましたが、是非多くの人に見てもらいたいですね☆
Posted by バルサ at 2006年08月26日 11:23
>バルサさん
見事に書こうとしていたことを書いてくれましたね(笑)そうですブランチのミニシアターランキングで二位でしたね。一人でニヤニヤ(・∀・)して思い出していました。
Posted by 空見者 at 2006年08月26日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画 『時をかける少女』
Excerpt: すごいんだよ、このアニメ。 『時をかける少女』  2006年 監督 : 細田 守 話題の映画だよね。 話題になるだけあるよね。 原作とはまったく違うし、 原田知世の映画とも雰囲気全然違う。 な..
Weblog: Death & Live
Tracked: 2006-09-02 15:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。