2006年09月23日

奥華子ファーストコンサート〜変わらないもの〜in九段会館

060922_2125~01.jpg九段会館です!
こうして見るとちょっと怖い感じしますね^^;中では写真を撮っていないので外観だけです。ホールに入る前にカメラは没収されていたみたいです。私は持っていってないので平気でしたが、スタッフの方々は大変そうでした。

さて本題のコンサートの模様を。ステージにはピアノとキーボードが設置されていました。全編弾き語りのスタイルは曲げませんでした。キーボードはRoland X7?だったと思います。いつものSPECTRAではありませんでした(実は後で・・・)

会場は暗めの照明で適宜、曲に合わせて様々に変化し幻想的な雰囲気をかもし出してくれました。曲にも入りやすくてとてもキレイでした^^
このブログでセットリストを書き記そうと思っていたので暗い中ごちゃごちゃとがんばってメモしました。

奥華子さんの衣装は、白のタンクトップに灰色?オリーブ系?のカーゴパンツでした。PROFILEの写真みたいな感じです。細かなアクセサリーは私の位置からはわかりませんでした。

先にセットリストを載せておきましょう。

1.花火(ピアノ)
2.その手(ピアノ)
3.ガーネット(キーボード)
4.窓辺(キーボード)
5.伝えたい言葉(ピアノ)
6.鳥と雲と青(ピアノ)

CMタイム♪ TEPCOひかりに決めた唄(Aメロ、Bメロ付き( ̄ー+ ̄))

7.ta.la.la(キーボード)
8.小さな星(キーボード)
9.押し花(ピアノ)
10.境界線(ピアノ)
11.きみの空(ピアノ)
12.魔法の人(キーボード)
13.変わらないもの(キーボード)
14.やさしい花(ピアノ)

アンコール♪

15.タイムカード(ピアノ)
16.自由のカメ(キーボード)←いつものキーボードで^^

奥華子の日記のほうではTEPCOひかりに決めた唄を一曲としてカウントしておられましたので本当は全17曲ですね。

9/21 PM1:42時の奥さんの心境がつづられているメッセージ(入館時に配布)060922_2316~01.jpg

全体的な感想として「力強かった」という印象を受けました。初めて奥華子を知ったSHAKE THE MUSIC LIVEの時と比べると格段にも良くなっていました。あの時のようにガチガチに緊張している様子はあまりなく楽しんでいるように感じられました。

でも、トークはいつもと一緒ヾ(▽`)天然全開でした。たくさん笑わせてもらいました。何て言うかとっても和みました。
真面目な話も今回のコンサートへの思いも話すことが真っ直ぐで聴く側に伝えよう、伝えようとしているのがよくわかりました。

奥さんのご両親も来ておられたみたいです。5曲目の「伝えたい言葉」の前にそうおっしゃってました。誰よりも胸がいっぱいで一番喜んでるだろうって><。

今回は休憩なしのぶっ通し!

「飽きちゃったなんて言わないでくださいね」なんて言ってました。CMタイムのTEPCOは、な、なんとAメロとBメロが付いたんです!その内、CD化してほしいですね。お客さんと一緒に歌ったりなんかして会場が盛り上がりました。2,3回歌ったかな。

奥さん曰く「ここしか盛り上がる場所ないんです〜」なんて言ってました。このあとの「ta.la.la」もすっごく盛り上がりました。手拍子付きです。
そうそう、なんか奥さんのライブの手拍子ってなんか合わないんですよね。今回も「ん?ん〜?」ってなりました。奥さんも苦労してたような・・・。でもそんな感じも私は好きです。裏拍でリズムを取ってあげるといいようです(ジャズ?)合うまでかなり時間かかってました。

8曲目の「小さな星」は照明がとってもキレイでバックにキラキラと星が無数に散りばめられていました。キーボードが違うせいか、音が変わっていてこれまた幻想的でした(☆´∀`)

9曲目の「押し花」は初めて聴きました〜。秋ということでセレクトしたみたいです。初めてでしたけど、スーッと入ってきました。弾き語りっていいですよね。切なかった(つД`)

10曲目の「境界線」これは凄かった!爆発してるみたいでした。感情の爆発!思わず引き込まれてしまいました!

11曲目「きみの空」この曲が出来た経緯を私は知りませんが、歌詞を見る限り思いいれの強い曲だと思います。一呼吸置いて静かに曲の世界に入り込んでいたようでした。サビへの盛り上がりで鳥肌が立ちました。涙ぐんでる人いたかも。。。

12曲目「魔法の人」今回の「魔法の人」は今まで聴いた中で一番です!感動的でした。ホールコンサートならではと言ったところでしょうか。ホールじゃなければ出ない素敵な音でした。

・トーク「恐怖の三日間」をご紹介しましょう。
なにやら最近、奥さんの部屋で夜中に「カチッ・・・カチッ・・・」という謎の音がしていたらしいのです。一体何の音か見当が付かなくて気味悪がっていたそうな。鍵の音?ロックを解除するかのような音。でも家の鍵はそんな高級なのではない。本人曰く「そんな高級なのじゃなくて割ったら入れるようなとこなんですけど(笑)」奥華子節が炸裂していた。
原因が特定できないまま過ごしているとなぜだか部屋が暑い。外は涼しくなってきているのに異常に暑い・・・。
謎の音、暑さの原因は・・・アイロンのつけっぱなし(゚Д゚;)
んな、バカな!火事なるって・・・。会場からも同じツッコミが。
アイロンにめちゃめちゃ凝ってたみたいです。原因はコレ9/6の記事参照。。。

注)一字一句同じじゃないです、たぶん。あと伝わりにくかったらごめんなさい

14曲目の「やさしい花」のあとステージを後にした奥さんにアンコールの拍手が起こりました!私も拍手してましたが、なかなか出てこない・・・。あの必殺技か・・・とか思いましたが。Tシャツに着替えていたようです。グッズのTシャツ(青)を着ていました。

15曲目の「タイムカード」これまた初めて聴く曲。初披露??サビの「大丈夫だよ」がとても印象的でした。染み込みました!

ラストは会場一致の「自由のカメ」キーボードはいつもの、そして今まで座っての演奏だったのやめて立ちでの路上スタイル。いやぁ〜良かったです。

とても楽しかったし、奥さんも楽しんでるように見えました。ホント良かった。行って良かったヾ(▽`)

最後の最後に手を振るシーンが今でも浮かんできます。テンションが上がりきってた感じでした。インパクトあったなぁ〜。

060922_2317~01.jpg

ちゃっかりグッズも購入。このストラップさっきから携帯に付けようとしてるんだけど、なかなか付かない・・・。
勢いでTシャツ(グレー)まで買っちゃったけど、どうしようかな。大事にしよ。

最後に九段会館コンサートに来た方、限定で渋谷公会堂ライブの先行予約があります!配布されたものにその詳細が・・・。どこよりも早いです。私も電話してみたんですけど、繋がったので予約成功・・・ぽいです。期間内にちゃんとやることやればチケット手に入ります。きっと。

今、ここに12/19 渋谷公会堂で行われる
「奥華子コンサート2006冬〜小さな星の降る夜〜」参加が決定しました。

渋公・・・駅から遠いみたい。迷う・・・。今、改装中で12月のライブの頃には改装が終わってるらしい。

長い、長〜い記事で見にくかった点も多々あったと思いますがここで終わりです。一曲、一曲レビューしてもよかったんですけどやめました。

ちょっと、疲れた。明日は部活・・・宿題残ってる。。。

昼寝して

気づけば過ぎてた

あの時の時間

もう戻らぬ

貴重な時間
       短歌風。
posted by 空見者 at 01:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 奥華子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

奥華子ファーストコンサート
Excerpt: 奥華子のファーストコンサートに行ってきました。場所は東京都千代田区にある九段会館。隣の日本武道館では、EXILEのヴォーカルオーディションをやっていました。 会社を定時に上がって18時20分につ..
Weblog: MKの徒然日記
Tracked: 2006-10-01 00:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。